一人暮らしで栄養を簡単にとる方法

一人暮らしのあなたが栄養をカンタンに摂って健康になる方法

 

自炊できない男

 

一人暮らし始めたばかりの頃、私は張り切って自炊をしようと思っていました。
しかし、気がついたらコンビニの弁当やスーパーの冷凍食品、外食ばっかりになっていました。
それって圧倒的に栄養不足なんですよね。

 

でも、栄養満点の自炊って面倒じゃないですか?

 

例えば、カレーを自炊するとします。
レシピを見ながら人参やたまねぎ、じゃがいも、それに牛肉を買います。
野菜を一つ一つ洗い、皮をむきます。
小さく包丁で切り分け、肉も切らなければいけません。
そして炒める必要があります。

 

もう面倒臭いです。

 

さらに火加減の調整やゴミの後処理が残っています。
それなら、COCO壱で食べるかレトルトカレーで済ませた方がどんだけ楽でしょうか。

 

一人暮らしをしているあなたも私も、食事を自炊することにクタクタになってしまいました。

 

栄養を摂らなかった結果……

 

一人暮らしで栄養を摂らない男

 

朝起きると頭がぼーっとし始めました。
そして、それが昼になっても続きます。
身体はだるく、何事もやる気が起きません。

 

栄養が偏った結果、軽いうつ状態になりました。

 

そしてこれは、あなたにも起こり得ます。
栄養素のない食事をとることで、身体のバランスが崩れて不健康になります。
気分も最悪です。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

一人暮らしで簡単に栄養を摂る方法

 

一人暮らしで栄養を摂る方法を教える女性

 

答えは、栄養をバランスよく摂ればいいのです。

 

「は? 当たり前じゃん」
と思いますよね。
でも秘密があるんです。

 

一人暮らしで健康に過ごすためには、以下の5つの栄養素が重要です。

 

カルシウム(主な食材:チーズ、モロヘイヤ、しらす、牛乳、ごま)
カルシウムには身体の機能を安定させ、精神も落ち着かせる機能があります。

 

食物繊維(主な食材:大豆、パセリ、ごぼう、ゆず、アボカド)
食物繊維は血糖値を下げる働きがあり、腸内を整えて老廃物を外に出す機能があります。

 

ビタミンB6(主な食材:にんにく、かつお、まぐろ、さけ、さんま)
ビタミンB6には肌荒れを防いだりニキビを治してくれます。
また、幸せ物質のセロトニンを作る大切な役割を持っています。

 

ビタミンB1(主な食材:豚肉、たらこ、鶏肉、グリンピース、のり)
ビタミンB1は身体の疲れを癒してくれる効果があります。
また、神経や筋肉に働きかけてエネルギーを生み出す力も持っています。

 

ビタミンE(主な食材:いわし、大根、かぼちゃ、赤ピーマン、しそ)
ビタミンEには抗酸化作用があり、老化の原因になる酸化を防いでくれます。

 

でも、この5つの栄養素を含んだ食材を食べるとお金がかかりますよね。
そして、自炊は面倒くさいと言ったばかりです。

 

実は、この必須な5つの栄養をすべて含んだ食べ物があるんです。

 

しかも、スプーン一さじ分をすくってご飯や味噌汁にかけるだけ!

 

5つの栄養素をすべて含んだアイテムがこれ

 

それは、ひとてまいです。

 

ひとてまい

 

ひとてまいは、スプーン一さじでこれだけの栄養を含んでいます。

 

ひとてまいをスプーン1さじ

 

  • ビタミンE→ほうれん草130束ぶん
  • ビタミンB6→バナナ9本ぶん
  • 食物繊維→レタス1玉ぶん
  • ビタミンB1→豚ロース肉420gぶん
  • カルシウム

 

これで終わりではありません。
女性には嬉しい、美容効果のあるヒアルロン酸とコラーゲン、さらにはココナッツオイルで話題の中性脂肪酸も入っています。

 

内容量は100gで、スプーン30さじ分です。
しかも、今だけ初回限定で1,490円です。
これを逃すと手に入りません。

 

1食分50円で、一人暮らしに必要な栄養が全てまかなえます。
ご飯と味噌汁だけでも、ひとてまいを振りかければ栄養満点になるんです。

 

さらに、口コミも凄いことになっています。

 

 

 

 

詳細はこちら→